会社沿革

会社沿革

1956年 8月浜松市追分町67に創業者 松井金吾
株式会社新機械技研を設立
1956年10月浜松市田町に機械工場設立
1959年 8月上島工場を建設、本社および工場とし、追分町本社・田町工場を解消移転
1967年 6月浜松市高丘町に工業用地
(3,000坪)を買収
1968年 3月高丘工場第1期計画完成
1968年国内自動車メーカ向け大型トランスファーマシン出荷 (国内自動車メーカ各社との取引拡大)
1969年 4月高丘工場を本社に移転し、本社第1工場とし、上島工場を第2工場とする
1969年 7月高丘工場近接地に厚生施設用地(500坪)を買収
1972年 9月海外設置第一号機 マレーシア向け出荷 (以降、シンガポール、タイ、インドネシアなどアジア市場への出荷が続く)
1973年 7月高丘工場隣接地(1,500坪)を買収
高丘工場敷地面積5,000坪となる
1977年 9月ソビエト連邦(現ロシア)設置
第一号機出荷
1979年11月第一回 優良申告法人 認定
(以降、4回連続取得)
1985年 3月中国設置 第一号機出荷
1987年第一回 私募債 1億円 発行
(以降、継続発行)
1988年豊田工機製BN12 5面加工機 導入
1988年 3月米国設置 第一号機出荷
1989年 6月高丘工場第6期計画完成
1990年 9月厚生棟完成
1991年 3月岡本工作機械製 DCG4014
門型平面研削盤 導入
1991年 4月電気棟完成
1995年 2月DIXI社製 350TCA 精密横中ぐり盤 導入
1999年 9月技術部増築
2004年 2月東芝機械製 MPC-2650 門型マシンニングセンター 導入
2004年 3月マイクロンSKG社(マレーシア)設立
2005年 1月上島倉庫新築
2006年 8月創業50周年を記念する
2008年 6月マイクロンSKG社 吸収し
SKG ASIA とする
設立当時の創業者
設立当時の創業者
当時製作の専用機
当時製作の専用機
上島工場
創業当時の上島工場
高丘工場
現在の高丘工場
東芝機械製 五面加工機 MPC-2650
東芝機械製 五面加工機
MPC-2650